更年期の肌トラブル-乾燥、かゆみ、赤みetc…それって更年期障害の症状かも

1866951_960_720

40代〜50代になって、肌荒れが気になり始めた…

アラフォー、アラフィフになって、お肌のかゆみや赤み、ニキビなどに悩まされるようになったという場合、それは更年期障害の可能性があります。

現代の女性は見た目的にも内面的にも若々しく、加齢といってもピンとこなかったりすることもあると思いますが、更年期障害が始まるのは閉経が起こる40代後半〜50代あたりが一般的。
また、更年期にも個人差があり、早ければ30代後半あたりから始まる場合もあります。

更年期と聞くと憂鬱な気分になるもの。
ですが、『更年期障害』に目を向けること、つまり大人肌荒れの原因を正しく知ることで、どんなにスキンケアをがんばっても改善できなかったナゾの肌トラブルが、改善できるかもしれないのです。

更年期の肌トラブル

更年期に入って、よくある肌トラブル

シミやしわ、くすみ、たるみなど、明らかに加齢が原因のお肌のお悩みはもちろんのこと、肌トラブルに悩まされている方もいらっしゃると思います。

乾燥がひどい
かなりの敏感肌になってしまった
かゆくてツラい
炎症を起こして赤くなっている
小さなぷつぷつ(吹き出物)が出る
ヒリヒリして化粧水がしみる
皮がぽろぽろめくれてしまう

そんなお肌のトラブルの原因は、女性ホルモンの減少による更年期障害・症状である可能性があります。

大人女性の肌トラブルの原因

更年期の肌トラブルの原因はホルモンバランスの乱れが原因になっている可能性があります。

更年期に入ると女性ホルモンのひとつであるエストロゲンが減少するといわれています。
エストロゲンはお肌の水分やハリ、弾力をキープするという役割を持っています。そのエストロゲンが減少するとお肌のコラーゲンが減少して水分保持ができなくなり、皮脂の分泌が不安定になります。
エストロゲンの減少によりお肌のバリア機能が低下することで、刺激を受けやすくなったお肌は乾燥し、吹き出物が出たり、過敏になることでかゆみが起こったり。
さらにかゆくて掻いてしまうことで赤み(炎症)が起こってヒリヒリとした痛みが出て、今まで使っていたスキンケアアイテムがしみで使えなくなったり、かぶれてしまったり。

アンチエイジングどころか、シンプルスキンケアすらできない状態になってしまいます。

ひどくなると、かゆくて眠れず、不眠に悩まされるという状態にも。

また、加齢によるターンオーバーの乱れも加わり、良くなったかな?と思うとまた調子が悪くなる…
繰り返し起こる肌トラブルは憂鬱なものですよね。

更年期の肌トラブルの解消法

エストロゲンの減少を加速させてしまう原因は生活習慣にもあります。まずはそれらを見直しましょう。

身体を温める

44eaa6d487fb0084_s

入浴をシャワーだけで済ませるのではなく、できるだけ湯船につかって血行を良くするよう心がけたいものです。ゆっくりと湯船につかってリラックスすることで、ストレスの解消にも。

ストレスを溜め込まない

4e23c283e15e7_s

人間関係はもとより、寒さ・暑さ、肌トラブルで憂鬱な気分になるなど、ストレスの原因はたくさんあり、それらをなくすことは難しいもの。ですのでストレスを溜め込まないためにも上手なストレス解消法を見つけておきたいものです。音楽を聴いたり、散歩をしたり、映画館に行ったり、マッサージを受けたりなど、自分が楽しいと感じることを行いましょう。
自宅で手軽に楽しむならアロマもおすすめです。

リラックスしたい時はラベンダーやサンダルウッド、不安や緊張から開放されたい時にはイランイランなどが定番。
また、セラニウムは更年期の心や身体にアプローチしてくれると言われています。

睡眠をしっかりとる

1284666_960_720

身体や心の疲れをしっかり取るために、質の良い睡眠を心がけましょう。お風呂はできるだけ寝る前に入ったり、ベッドで軽いストレッチを行ったり。枕やマットレスなど寝具にこだわるというのもひとつの方法。
もし、なかなか寝付けない、眠りが浅いなど睡眠障害に悩んでいるなら、快眠サプリを取り入れてみるというのもおすすめです。

バランスの良い食生活

1672505_960_720

ビタミンやミネラル、たんぱく質など、必要な栄養素をできるだけしっかり食べたいものです。

また、エストロゲンと似た働きをするといわれているイソフラボンを多く含む豆腐や納豆、豆乳などの大豆・大豆食品を積極的に摂るのもおすすめです。

また、お肌のトラブルに悩まされている場合は、腸環境を整える乳酸菌を積極的に摂ったり、逆に加工食品やインタント食品、保存料を多く含む食品はできるだけ避けたいものです。

併せて読みたい記事
かゆみ、赤みなどの肌トラブル解消のカギは乳酸菌にあった!腸活で美肌へ

お肌をしっかり保湿する

870763_960_720

お肌の乾燥はさらにトラブルを加速させてしまいます。ですので、保湿はしっかりと行いたいもの。

セラミド配合のスキンケアアイテムを使う
紫外線対策をしっかり行う
洗顔時に肌をこすりすぎない

ただし、敏感肌用のスキンケアアイテムでさえしみてヒリヒリしてしまったり、炎症が起こっている場合は、皮膚科を受診しましょう。
刺激を感じるスキンケアアイテムを使っていると肌トラブルを悪化させてしまう可能性があります。赤みやかゆみが起こっているお肌を悪化させてしまうまずは炎症を沈めることが先決です。
そして炎症がおさまったら、次のステップとしてセラミド配合のスキンケアアイテムで保湿し、肌トラブルに負けない潤い肌を目指したいものです。

併せて読みたい記事
アラフォーの大人肌を満たしてくれるオールインワンジェル人気ランキング

更年期の肌トラブル-まとめ

お肌のかゆみや赤み、皮むけ、吹き出物などのトラブルはツラいもの。
特に肌トラブルが繰り返し起こっている場合は、肌表面のケアだけではなく、まずはその原因を見つけるのが大切です。

お肌のトラブルは身体の内側の不調のサインでもあります。

忙しい毎日を送り、無理したり、我慢したりしないといけないこともたくさんあると思います。
ですがそんな中でもふと自分の身体や心の声に耳を傾け、ケアしてあげたり、時に甘やかしてあげることも大切。

イヤなこと、悩んでいること、ストレスになっていることを少しずつでも解消して、人生をより豊かに、そしてより楽しみたいものです。