iPhoneをなくした!そんな時にやるべき7つのこと

iphone

iPhoneを失くしてしまった…

もはやスマホはなくてはならない必需品。
自分の身体の一部と言っても過言ではないかもしれません。

また、iPhoneに入っているのは自分の個人情報や大切なデータだけではありません。アナタのiPhoneの中には家族や友達、知り合いなどの個人情報も含まれているのです。

iPhoneを落としたり失くしたりしたことが分かった場合、ショックで凍りついてしまうもの。
ですがまずは急いでやるべきことがあります!

iPhoneをなくした時にやるべき7つのこと

1, 落とした・失くしたiPhoneに電話をかける

まずはiPhoneに電話をかけます。
もし近くにあれば、着信音かバイブの音が鳴るはずです。
バッグの奥底に入っていたり、すぐ近くに落としてしまっている場合もあるので、まずは電話をかけてみましょう。

2, 『iPhoneを探す』の『サウンドを再生』機能を使う

ophone2

iCloud.com

PCやタブレットなどがある場合は、iCloud.comを開いて、Apple IDでサインインします。
そして『iPhoneを探す』を開きます。
次に画面の上にあるメニューを開いて『iPhone』を選びます。
そして『サウンドを再生』を選ぶと、落とした・失くしたiPhoneのスピーカーからサウンドが再生されます。

大きな音量でサウンドが再生されるので、着信音やバイブは聞こえなくてiPhoneがどこにあるかわからない場合でも、サウンドなら聞こえるかもしれません。

3, 『iPhoneを探す』の『紛失モード』機能を使う

1,、2,の方法を試してもiPhoneが見つからない場合は、2,の『iPhoneを探す』機能の中にある『紛失モード』をオンにします。

『紛失モード』をオンにすれば、設定済みのパスコードでロックされ、Touch IDは無効化されます。また、位置情報サービスは強制的にオンになります。

そして、電話番号やメッセージを登録しておけば、それを落とした・失くしたiPhoneのロック画面に表示させることができます。
また、誰かが拾ってくれていた場合は、ロック画面からでも登録した電話番号に電話をかけることができます。

4, 『iPhoneを探す』の『iPhoneの消去』機能を使う

iPhoneに入っている自分のデータをはじめ、登録している家族や友達、知り合いなどの電話番号やメールアドレスなどの個人情報を守りたい場合は『iPhoneの消去』機能を使ってiPhoneを初期化することができます。

ただし、『iPhoneの消去』機能を使ってしまうと、位置情報を確認したり、『サウンドを再生』機能は使用できなくなります。
バックアップしていないデータもすべて消去されてしまいますので、もう見つからない可能性が高く、せめてデータは消してしまいたい場合のみに使う最終手段となります。

5, 回線を凍結する

落とした・失くしたiPhoneが拾った誰かに使用される可能性があるので、契約しているキャリアに連絡して電話回線を凍結しましょう。

ドコモ

au

ソフトバンク

6, 警察に紛失届を出す

警察署に行き、iPhoneを落とした・失くしたを伝え、紛失届を出しましょう。拾得物として届けられる可能性もあります。

7, 補償手続きをする

各携帯電話会社には紛失・盗難時の保障サービスがあり、保険等に加入していれば保障を受けられます。保険に加入しているかどうか分からない場合でも、まずは契約キャリアの店舗に行くか電話で問い合わせるなどしましょう。

iPhoneをなくした!-まとめ

iPhoneを落とす・失くすというトラブルは、iPhoneユーザー全員に起こる可能性があります。
ですので、『iPhoneの消去』機能を使用することになった場合の備えとして、定期的にバックアップをとっておきましょう。

バックアップはiPhoneがなんらかのトラブルで壊れてしまった際にも有効です。
面倒でついサボりがちになってしまうバックアップですが、大切なデータを守るためにも、こまめなバックアップを心掛けておきたいものです。