ファンデーションのヨレない・浮かない・毛穴落ちしない塗り方のコツ【プロの技】を解説!毛穴レスな仕上がりに♪

makeup2583491_960_720

「いろんなファンデを試してみたけど、やっぱりヨレる、浮く、崩れやすい…」
そんなメイクのお悩みは、大人あるあるだったりしますよね。

ですが、メイク前のお肌準備とパーツ塗りで、仕上がりは劇的に変わります♪

そこで、ファンデーションをキレイに仕上げるための方法とおさえておくべきポイントをご紹介したいと思います。

ファンデーションのヨレや毛穴落ち、崩れに悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね^^

まずはファンデーションの崩れ防止の肌ベースづくりから

skincare1886968_960_720

メイク前に必ずやっておきたいのが『お肌を整える』こと。

潤いと保湿はベースメイクを綺麗に仕上げるうえで一番大切なポイント。
崩れ防止にも、ノリを良くするためにも、お肌を潤わせること・保湿することがなにより大切です。
保湿は裏切りません♪

ですので、まずはたっぷりのローションで乾燥で隙間のできたお肌や毛穴をふっくらさせて、乾かないように乳液やクリームで保湿します^^

プロのメイクさんは、このプロセスをかなりしっかり&入念におこないます。
撮影現場でも、モデルさんのお肌の乾燥がヒドい場合は、メイク前にローションパックしているのをよく見かけます。

逆にいえば、いくら技術力のあるプロのメイクさんでも、整っていないお肌だとメイクをキレイに仕上げることができないということでもあります。

そのぐらい、メイク前にお肌を整えることは重要なプロセスなので、ここは手を抜かずしっかりおこないましょう♪

ローションでお肌を潤わせる

メイクがヨレたり、浮きやすかったり。毛穴落ちしたすかったりする場合は、とにかくたっぷりローションを使います。

特にテカりやすかったり崩れやすかったりするTゾーンは、しっかり潤いを与えましょう。

乳液やクリームで保湿する

ローションをたっぷりつけたあとは、乳液ややわらかめのクリームを伸ばします。
ベタつきやすいオイルはNG。

オールインワンジェルでもOKですが、メイク前にジェルを使う場合は柔らかめのテクスチャのものを使うのがおすすめ。
また、しっかり乾いてからメイクをすると、モロモロが出にくくなります。

乳液・クリームを塗ったあとはベタつきがなくなるまで待ちます。

ベタつきがなくなってお肌が整ったらメイク開始です!

ファンデーションを塗る

崩れにくいファンデーション選び

dior1078712_960_720

ノリの悪さや崩れやすさの原因の多くはお肌の乾燥

ですので、ファンデーションはできるだけ美容成分配合のリキッドファンデやクッションファンデを使います。

下地をつける

下地機能も兼ねているファンデーション以外のものを使う場合は、必ずファンデーションの前には下地を使います。

まずは鼻まわりと鼻を避け、頬やおでこ、あごなどの広い部分は横に伸ばします
次に、鼻(小鼻も)と鼻の下は横に伸ばさずたたいてつけます

やさしく小刻みにたたいて付けることで、毛穴の凸凹がカバーされてお肌が均一に整いやすくなります。

パーツ塗りその1-まずは広い部分に塗る

4d8c1190015d49_s

ファンデーションはパーツ別に塗り方を変えるのが、キレイに仕上げるポイント

まずはスポンジにファンデを付け、崩れやすい小鼻と鼻の下を避けて、頬とおでこ、顎、目のまわりに顔の内側から外側に向かって、力を入れずにやさしく伸ばしていきます。

ファンデーションはたっぷり使わず、できるだけ薄くつけましょう。

パーツ塗りその2-鼻まわりはたたいてつける

2bb04d8c1190015d49_s

次に鼻(小鼻も)と鼻の下はやさしくたたくようにつけていきます。
できるだけファンデの量は少量にして薄くつけ、物足りないようなら少しずつ重ね付けします。

きるだけ小刻みに繰り返したたくと、毛穴がしっかりカバーできます。

この時、スポンジを横に伸ばしたりするのはNG。

ヨレやすい場所は『たたいて付ける』がポイントです。

カバーしたい場所にファンデーションを重ねづけする

cosmetics1150881_960_720

赤みやくすみなど、広い範囲でカバーしたい場所は、少しずつ重ね付けします。

シミやほくろなど、ピンポイントでカバーしたい場所は、コンシーラーを使います。

注意したいのはファンデーションは一気にたっぷりつけないこと。
最初につける時も重ね付けする時も、とにかく少量ずつつけるのが、崩れやヨレ防止のポイントです。

ルースパウダーで仕上げる

cosmetic63134_960_720

最後にルースパウダーで仕上げます。

もし、クリームタイプのハイライター(ツヤ出し)を使う場合は、パウダーの前につけると、自然なツヤ感が出るのでおすすめ♪

ルースパウダーもファンデーション同様、少量をパフでたたいてつけます。

お肌がさらっとしたら完了♪

崩れやすい大人肌にはBBクリームがおすすめ

ファンデーションはどうしても厚塗りになってしまうので、老け感が出やすくなります。
また厚塗りになる分カバー力はあるものの、崩れや毛穴落ちが起こりやすかったりします。

そんな大人肌のベースメイクのお悩みを解消してくれるのがBBクリームです。

特に、美容成分が配合されているBBクリームは乾燥を防いでくれるので、テカリや毛穴落ちにも効果的

ナチュラルに仕上がるので、若見え効果も♪

赤みやくすみはカバーできるのか心配…」という場合は、しっかりカバー力のあるBBクリームを選べばOK。

当サイトでも、なりたいお肌のタイプ別に大人肌におすすめのBBクリームをご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいね^^

40代・50代に人気&おすすめの優秀BBクリーム【乾燥・毛穴カバー】3選-若見えメイク&崩れない塗り方のコツも♪