40代50代におすすめの【カンタン】若返りメイク-3ポイントで誰でも若見えに♪

メイクをしたら老け顔になってしまう…
そんなお悩みは大人あるある。

ファンデをつけるとシワが目立ったり、色が合わなくてくすみが目立ったり。
クマを隠そうとすると、小じわやたるみが目立ってしまったり。。。

管理人
いろいろ隠したいのに、隠すと老け見えになるっていうのが、大人的には悩みのタネなんですよね。

そこで、プチプラアイテムを使った、たった3つのポイントメイクだけで超カンタンにハリツヤ若返りメイクが完成する、プロのヘアメイクさん直伝の『若見えポイントメイク術』をご紹介します♪

難しいテクいらずなのにグっと若返るので、メイクで逆に老けてしまうという方は、ぜひ参考にしていただければ幸いです^^

若返りメイク【40代50代】3ポイント若見えメイク術

左が老け見えメイク、右が若見えメイクです。

ナチュラルメイク=若見えメイク
なのですが、だからといってメイク自体を薄くするというわけではありません。

管理人
しっかりメイクしているのに薄化粧・ナチュラルに見えるというのが、【若返り3ポイントメイク術】のイイトコロです^^

40代50代のチークは赤やコーラル系+ツヤパウダー

チークを使って目指したいのは自然な血色感
ですのでチークの色は、自然な血色に近い赤やコーラル系のカラーを選びます。

赤と聞くと、「派手過ぎなのでは?」と心配に思う方もおられるかもしれませんが、量とつける場所を間違えなければ、頬が自然に高揚したような若々しい顔色になります。

チークは粉っぽくならないクリームタイプを選びます。
チーク選びに失敗するのが心配な場合は、ドラッグストアで数百円で手軽に買えるキャンメイクのチークなどを使って、試してみるのがおすすめです^^

まずはチークを人差し指か中指で取り、目から指2本分ほど下のあたりの位置にトントンと乗せていきます。

クリームチークを使うときは、指を横にすべらせて塗るのではなく、トントンと軽くたたくようにつけるのがポイントです。

そして、まわりに少しずつトントンと広げていきます。
チークの量が足りないようであれば、少しづつ重ねていきます。

あとでチークの上にハイライトパウダーをのせるので、チークは少し濃いかな?ぐらいの濃さにしておいてくださいね^^

ただし、つけ過ぎると不自然&派手メイクになってしまいますので、『血色感』を意識しながら、量を調整するのがポイントです。

管理人
顔の中心の近く&高い位置にチークをつけると、クマや目の下のたるみも、目立たなくなりますよ♪

仕上げにチークをつけた場所にパール系のパウダーを乗せていきます
ブラシを使っても良いですし、パフでも構いません。


こちらもキャンメイクなら800円ほどで購入可能です。

チークの上からパール系のパウダーをつけると、チークの発色が自然になり、艶玉ができてお肌のハリ感が出るので、若見えメイクには外せません^^

40代50代の若見え目尻アイライン

アイラインは目尻のみに引きます。
リキッドでもペンシルでも好みのモノでOK。

アイラインを引いた後は、ブラウン系のアイシャドウやパウダータイプのアイブロウを使って、アイラインをぼかしていきます。

細めのチップでアイラインの上をなぞると、カンタンにぼかすことができるのでおすすめです。

アイシャドウを使いたい場合は、チークと同系色のコラール系か淡いブラウン系のものを、まぶたの上のみに薄くつける程度にします。

40代50代の若見えベースは薄づき&しっかりカバーが鉄則!

ベースメイクはこってり厚塗りはNG。ファンデの厚塗りはシワに入り込んだり崩れやすくなったり、白浮きしたりするので、老け顔になってしまいます。

そのため、ベースメイクは毛穴やシミ、くすみをしっかりカバーしつつ厚塗り感が出ない、BBクリーム・BBファンデがおすすめです。

ベースメイクは顔の中で一番広い範囲なので、仕上がりを左右する重要なポイントです。

ですので、若見えベースメイクでは、カバー力があって美容液成分たっぷりの大人肌向けBBクリーム・BBファンデを選ぶこと。

管理人
カバー力があって美容液成分たっぷりのBBクリーム・BBファンデと普通のファンデを比べると、若見え感が圧倒的に違いますよ^^

大人肌をキレイ&ナチュラルに見せてくれる大人肌向けBBクリーム・BBファンデは、下記の記事でご紹介していますので、若見えベースを作りたい方はぜひ参考にしてくださいね♪

BBクリームはお手軽ではあるものの、 「BBクリームって40代50代が欲しいカバー力はあるのかな?」 「シミ隠しがしっかりできるのかな?」と不安に感...

「たったこれだけ?」という感じですが、ホントにホントにかなり印象が変わるので、ぜひぜひ試してみてください^^

若返りメイクで避けるべき老け顔メイク【5ポイント】

若返りメイクをするうえで、絶対避けるべき&老け顔になってしまう『NGメイク』についてご紹介しておきたいと思います。

囲みアイライン

瞳を大きく見せたいからといって、アイラインで目をグルっと囲んでしまうのはNG。
目は大きく見えるかもしれませんが、老けて見えてしまいます

今回ご紹介するのは、『派手顔メイク』ではなくあくまでも『若返りメイク』。
アイラインで目を囲むのは、若見え的にはNGです。

たっぷり黒アイシャドウ

黒っぽいカラーのアイシャドウをまぶたにたっぷりつけるのはNG。
目のまわりに影ができ、老け顔&目元が疲れた印象になってしまいます。

また、シワやくぼみなども目立ってしまいますので、黒っぽいアイシャドウを使うのは避けます。

つけまつ毛・こってりマスカラ

つけまつ毛やこってりマスカラもアイライン同様、瞳を大きく見せる効果はありますが、目元をくっきりさせることは老け顔に繋がってしまうことに。

どうしてもつけまつ毛を使いたい場合は、目尻だけにするなど、部分使いがおすすめです。

また、マスカラをつける場合は、たっぷり重ね付けするのではなく、ナチュラル感を失わない程度につけましょう。

派手カラーの口紅

赤や濃いピンクなど、派手目の色の口紅も老け顔になってしまう原因に。

赤い口紅はセクシーで素敵ではありますが、今回は若見えメイク術。
とにかく『若見え』最優先ですので、濃い色の口紅は避けます。

また、黒っぽいカラーやギラギラとパール・ラメの入った派手な口紅も、お肌がくすんで見える原因になってしまうので、避けたいところです。

白過ぎるファンデーション

首の色と比べて明る過ぎるファンデーションはNG。

ファンデーションの色はできるだけ首に近い色を選びます。

40代50代の【若返り3ポイントメイク術】まとめ

プチプラコスメ&たった3つのポイントメイクでも、ぐっと若見えに♪

そして若返り度をぐグッとアップさせたい場合は、ベースメイクはBBクリーム・BBガンデが鉄則です。

ベースメイクは顔全体になりますので、範囲が広い分、若見え度を左右する重要なポイント

ただし、若い子向けのBBはNG。美容液成分がたっぷり入った大人向け処方のものでないと、カバー力もないですし、ヨレや崩れの原因にもなってしまいます。

ですが、しっかりカバー力があるのにナチュラルに仕上がる大人向けBBクリームをしっかり選べば、グンと若見え度もアップしますよ♪

当サイトでも、カバー力があってなおかつ美容成分たっぷりの、乾かない&崩れない大人肌向けBBクリームをご紹介していますので、若見えベースを作りたい方は、ぜひぜひ試してみてくださいね^^

BBクリームはお手軽ではあるものの、 「BBクリームって40代50代が欲しいカバー力はあるのかな?」 「シミ隠しがしっかりできるのかな?」と不安に感...