ココシャネルの名言-心に響く言葉達

738811642

 

ココシャネルが残した言葉は、現在女性に勇気を与え、女性として生き、誇りを持ち、そしてそれを楽しむ事を再確認させてくれます。

 

『女は40を過ぎて始めておもしろくなる』

『流行は色褪せるけど、スタイルは普遍よ』

 

ココシャネルの残した言葉には女ココロに響く名言・格言がたくさん。
特に大人の女性・アラフォー女性はグっと来るのではないでしょうか。

そんなココシャネルのココロに響く名言・格言をご紹介します。

 




ココシャネルの名言-心に響く言葉達

流行とは時代遅れになるものよ。  ココシャネル 名言
みんな、私の着ているものを見て笑ったわ。でもそれが私の成功の鍵。みんなと同じ格好をしなかったからよ。  ココシャネル 名言
私は好きなことしかしない。私は自分の人生を、自分が好きなことだけで切り開いてきたの。  ココシャネル 名言
実際にどう生きたかということは大した問題ではないのです。大切なのは、どんな人生を夢見たかということだけ。なぜって、夢はその人が死んだ後も生き続けるのですから。   ココシャネル 名言
失敗しなくちゃ、成功はしないわよ。 ココシャネル 名言
私は流れに逆らって泳ぐことで強くなったの。 ココシャネル名言
扉に変わるかも知れないという、勝手な希望にとらわれて、壁をたたき続けてはいけないわ。 ココシャネル 名言
私は流行をつくっているのではない。スタイルをつくっているの。 ココシャネル 名言
人生がわかるのは、逆境のときよ。 ココシャネル 名言
私は好きなことしかしない。私は自分の人生を、自分が好きなことだけで切り開いてきたの。 ココシャネル 名言
天分は、持って生まれるもの。才能は、引き出すものよ。 ココシャネル 名言
その日、ひょっとしたら、運命の人と出会えるかもしれないじゃない。その運命のためにも、できるだけ可愛くあるべきだわ。 ココシャネル 名言
美しさは女性の「武器」であり、装いは「知恵」であり、謙虚さは「エレガント」である。 ココシャネル 名言
大恋愛も、耐え忍ぶことが大切です。 ココシャネル 名言
男は子どものようなものだと心得ている限り、あなたはあらゆることに精通していることになるわ。 ココシャネル 名言
あえて一人でいることを大切にする時があってもいい。
自分の価値観を他人にあれこれ言われたりするのは嫌だし、ましてや整理整頓することなどやめてほしい。 ココシャネル 名言
公爵夫人はほかにもいたけれど、ココ・シャネルはただひとり。 ココシャネル 名言
男の人に小鳥の重さほどの負担もかけたいと思ったことはないわ。 ココシャネル 名言
男は女を手に入れれば、すぐ、その女に退屈するものだから。 ココシャネル 名言
男が本当に女に贈り物をしたいと思ったら結婚するものだ。 ココシャネル 名言
恋の終わりは、自分から立ち去ること。 ココシャネル 名言
翼を持たずに生まれてきたのなら、翼を生やすために、どんな障害も乗り越えなさい。 ココシャネル 名言
エレガンス とは、青春期を抜け出したばかりの人間がもつ特権ではありません。
それは、すでに将来を手に入れた人間がもつ特権なのです。 ココシャネル 名言
世の中には、お金持ちな人と豊かな人ってのがいるわ。成功は、多くの場合、失敗が不可避であることを知らない人によって成就される。 ココシャネル 名言
私の人生は楽しくなかった。だから私は自分の人生を創造したの。 ココシャネル 名言
シンプルさはすべてのエレガンスの鍵。 ココシャネル 名言
恋を追う女じゃないけれど、恋もしたわ。男というのは、苦労させられた女のことは、忘れないものね。 ココシャネル 名言
時代が私を待っていたの。私はこの世に生まれさえすればよかった。時代は準備完了していたのよ。 ココシャネル 名言
香水をつけない女性に未来はない。 ココシャネル 名言
今もなお、最も勇気のいる行動とは、自分の頭で考え続けること。そしてそれを声に出すこと。 ココシャネル 名言
かけがえのない人間になるためには、常に他人と違っていなければならない。 ココシャネル 名言

chanel

ココシャネル
1883年、フランス南西部のソミュールに生まれる。11歳のときに母が病死、行商人の父にも捨てられ、孤児院、修道院で育つ。18歳で孤児院を出た後、お針子仕事の傍ら、歌手を志してキャバレーで歌うようになる。「ココ」は愛称で、当時歌っていた曲名に因んでつけられたもの。
その後、歌手の道はあきらめ、当時交際していた将校の牧場へ移る。そこで退屈しのぎで制作した帽子のデザインが認められ、帽子のアトリエを開業。1910年には「シャネル・モード」という帽子専門店を開店。1915年には「メゾン・ド・クチュール」をオープンし、コレクションでも大成功を収め、シャネルは成長を続ける。

しかし、第二次世界大戦中、ココ・シャネルはドイツの親衛隊少将と愛人関係にあったため、フランス解放後に非難を浴びて、スイスへ亡命。

1954年、スイスからパリに戻り、ファッション界へのカムバックを果たす。ヨーロッパではバッシングを受けたが、女性の社会進出がめざましかった米国では熱狂的に受け入れられ、翌年シャネル・スーツを発表、モード・オスカー賞を受賞する。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B3%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%8D%E3%83%AB