化粧下地の選び方・使い方ガイド【保存版】正しく使って美肌メイク

化粧下地の使い方

ヨレたり、毛穴が目立ったり、毛穴落ちしたり、テカったり。

ファンデーションを変えてもぜんぜんキレイに仕上がらない…と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

ですが、メイクの仕上がりは、ファンデだけのせいではなく、化粧下地のせいだったりもします。

管理人
化粧下地を正しく選ぶ・使うだけで、毛穴のデコボコがツルンとしたり、崩れ知らずだったりと、メイクの仕上がりは劇的に変わります✨

そこで、肌悩みに合わせた化粧下地の選び方や使い方をご紹介したいと思います。

メイクのりをアップさせてツルンとした美肌に仕上げたい方、崩れ・テカりを防ぎたい方は、ぜひ参考にしてくださいね^^

\毛穴カバー&崩れない/
化粧下地のおすすめランキングを見る

化粧下地は必要?その役割と効果

ファンデーションの密着度をアップ

顔は常に動いています。
まばたきしたり、笑ったり、話したり。
何かを食べたり、あくびをしたりと、とにかく忙しく動いているんですね。

ですので、ベースメイクは顔・お肌の動きについてきてくれないと、はがれたり、毛穴に段差ができたり、どこかにたまってムラになったりしてしまいます。

ですが、ファンデーションはお肌に密着しにくく、直接お肌につけると、顔・お肌の動きについていけなかったりします。

管理人
そこで、お肌とファンデーションを密着させる役割を果たしてくれるのが、化粧下地なんですね。

化粧下地は、お肌とファンデーションの両方に密着する成分を配合されていて、両方が離れないようにくっついて、崩れを防いでくれます。

そのため、化粧下地を使うのと使わないのとでは、メイクのノリも崩れやすさも、圧倒的に違います^^

毛穴やしわを埋めてお肌をフラットにする

化粧下地はファンデーションよりもお肌への密着度が高いため、毛穴やしわを埋めて、お肌をツルンとフラットにしてくれます。

また、光を反射させる粒子を配合しているタイプの化粧下地は、光によってお肌のデコボコを目立たなくする役割もあります。

くすみをカバーする

くすみをカバーする色味のパウダーを配合している化粧下地は、コントロールカラーの役割もあります。

また、皮脂を吸着してくれるパウダーが配合されていると、皮脂とファンデーションが混ざることで起こる色沈みやくすみを防いでくれます。

テカりやファンデの崩れを防止する

ファンデーションは皮脂が混ざると色が沈み、くすんで見えることがあります。

また、ファンデーションだけだと、テカったり、落ちたりと、不安定になってしまうんですね。

そこで化粧下地の出番!

化粧下地は、皮脂がファンデーションに混ざってしまう前に皮脂を吸着してくれる役割があります。
そのため、色沈みやテカりが防げるというわけです。

化粧下地の選び方

化粧下地のボロボロ・モロモロを防ぐ

伸びが悪い化粧下地は、顔全体に伸ばすために、どうしても使う量が多くなってしまいます。

そのため、ボロボロ・モロモロになってしまうんですね。

また、乾燥しやすかったり、保湿成分が少ない・入っていない化粧下地の場合も、ボロボロ・モロモロになりやすかったりします。

お肌が乾燥している場合はなおさらです。

ですので、ボロボロ・モロモロ現象に悩んでいる方は、保湿成分がしっかり配合されている化粧下地を選んでくださいね。

化粧下地選びの注目ポイント
保湿成分ををチェック

化粧下地でヨレやムラを防止

ファンデーションがヨレたりムラになったりする場合は、密着度・フィット感の高い化粧下地を使う必要があります。

また、顔の動きに合わせて動いてくれる、ストレッチ効果のある化粧下地を選んでくださいね^^

化粧下地選びの注目ポイント
密着させるための処方がどんなものかをチェック
ストレッチ効果の高いモノを選ぶ

化粧下地でテカりや皮脂崩れを防止

テカりやメイク崩れが気になる場合は、皮脂吸着パウダー配合の化粧下地がおすすめです。

また、テカりやメイク崩れは、お肌の乾燥が主な原因だったりしますので、保湿成分が配合されている化粧下地を選んでくださいね^^

テカりやメイク崩れを防ぐには、メイク前のスキンケアも重要。

メイクの前に、しっかりとお肌を保湿&整えると、テカりやメイク崩れがかなり抑えられますので、『しっかり保湿』も試してみてくださいね^^

化粧下地選びの注目ポイント
光を反射させるパウダー配合かどうかをチェック
保湿成分ををチェック

おすすめ記事

話題のプロテオグリカンが主成分のオールインワン化粧品、エミーノボーテ モイスチャーリッチクリーム。 初回お試し価格1,980円(送料無料)だったの...
敏感肌のためのスキンケアブランドNOVノブから、アンチエイジングに特化した『NOVノブL&W』が登場♪ ということで、さっそくトライアルセット(1,3...

化粧下地で毛穴をカバー

毛穴が気になる場合も、ボロボロ・モロモロ状態と同様に、しっかり保湿が重要。

そのため、保湿成分がしっかり配合されている化粧下地がおすすめです。

また、光を反射したり拡散してくれるパウダー配合のもので、光を味方につければ、毛穴がグっと目立たなくなりますよ^^

管理人
もしファンデーションで毛穴が目立ったり、毛穴落ちに悩んでいる場合は、カバー力のあるBBクリームもおすすめです♪

BBクリームはオールインワンタイプで、ベースメイクが1本だけで完了するので、ファンデーションと化粧下地の相性も考えなくて良いのも◎

美容成分で毛穴を埋めてくれる&ツヤ感の出るタイプのBBクリームなら、それ1本だけでツルンとした美肌に仕上がります。

『しっかりファンデーション感』が欲しい方には向かないかもですが、キレイなすっぴん風メイクがしたい方にはおすすめです^^

おすすめ記事

紫外線吸収剤不使用でお肌に優しい無添加処方のBBクリーム、マナラBBリキッドバー。 とはいえ、いくらお肌に優しいからといって、保湿力を始め、シミや毛穴...

メイク崩れを防ぐ化粧下地の使い方・順番

ベースメイクの順番は、
スキンケア
  
化粧下地
  
(必要に応じて)
コントロールカラー
コンシーラー
  
ファンデーション
です。

そして、メイク崩れを防ぐ、化粧下地の使い方のポイントは、たった3つ。
スキンケアが乾いてから化粧下地をつける
毛穴やヨレやすい部分はトントン塗りする
化粧下地が乾いてからファンデーションをつける

化粧下地をつけたあとにハンドプレスするなど、メイク崩れを防ぐ方法はいろいろ紹介されていますが、この3点だけでかあなり仕上がりが変わります♪

ちなみに、トントン塗りは、横に伸ばして塗るのではなく、やさしくたたきこむように、パッティングして塗る方法。
毛穴を埋めるような感覚でトントンとたたいてつけるがポイントです。

めっちゃ簡単ですが、かなり仕上がりが変わりますので、ぜひ試してみてくださいね。

また、メイクのりをアップさせるには、メイク前にしっかりお肌を保湿すること。
化粧水や乳液などで、毛穴をふっくらさせて、お肌の表面を整えると、仕上がりがかなり変わります。

ただし、ベタつくタイプのアイテムはNG。
メイクがヨレたり、密着しなかったり、崩れやすくなってしまいます。

そのため、メイク前はベタつくタイプのアイテムは避けてくださいね^^

おすすめ記事

話題のプロテオグリカンが主成分のオールインワン化粧品、エミーノボーテ モイスチャーリッチクリーム。 初回お試し価格1,980円(送料無料)だったの...
敏感肌のためのスキンケアブランドNOVノブから、アンチエイジングに特化した『NOVノブL&W』が登場♪ ということで、さっそくトライアルセット(1,3...

保湿クリームや乳液は化粧下地になる?

メイク前に保湿クリームや乳液でお肌を整えるのは、メイクのりをアップさせるには効果的。

ですが、化粧下地とは役割が違います。

化粧下地は、お肌とファンデーションを密着させるための成分配合・処方になっています。
また、皮脂崩れやテカりを防ぐ機能もあります。

ですが、保湿クリームや乳液などのスキンケアアイテムは、ファンデーションとの密着度を高めたり、皮脂崩れやテカりを防ぐ機能はありません。

そのため、メイクをキレイに仕上げたいなら、化粧下地を使うのが効果的です^^

まとめ

ファンデーションのせいかな?と思っていたメイクののりの悪さや崩れやすさは、実は化粧下地だったりします。

ファンデーションを変えても解消できなかった悩みが、下地を変えたり、使い方を変えただけで、サクっと解決することも。

化粧下地を正しく選んで、正しく使って、毛穴レスで崩れ知らずの美肌に仕上げてくださいね^^

\毛穴カバー&崩れない/
化粧下地のおすすめランキングを見る