汗が止まらない…40代・50代の多汗-更年期のホットフラッシュ対策で快適に過ごす!

506120_960_720

「みんな涼しい顔してるのに、私だけ汗だくなんですけど…」

脇汗が止まらない…
首にダラダラ汗をかく…
おでこにツツ〜っと汗がつたう…

アラフォー、アラフィフになって、 汗をやたらとかくという症状に悩まされるようになったという場合、それはひょっとしたら更年期障害の症状かもしれません。

汗をやたらとかくというのは不快なもの。
メイクが落ちたり、洋服に汗染みができたり、見た目的にもイヤですよね。

管理人
わたしも更年期に入って、突然の汗ダラダラに悩まされたひとりです。
自分ひとりだけ汗だくでキツかったですが、いろんな解消法を取り入れて、ずいぶんラクになりました♪

そこで、汗やのぼせの原因や症状、対策法・解消法をご紹介します。
多汗の症状に悩まされている方は、ぜひ参考にしていただければと思います^^

管理人が体験した更年期の多汗症・ホットフラッシュの症状

わたし(管理人・アラフォー)もホットフラッシュ経験者ですが、30代後半に突然汗をかくようになりました。

急に大量に、です。
ある日突然、多汗症になった<んですよね。

まわりの人は涼しい顔をしているのに、私だけ汗ダラダラ…。
それまではどちらかというと汗をあまりかかないほうだったのですが、顔、首、脇に大量の汗をかくようになりました。

メイクは崩れますし、顔周りの髪はうねるし、脇には汗ジミができて恥ずかしい。
汗が止まらなくて、もうどうしていいかわからなくて、ホントにイヤでイヤでたまらなかったです。

ところが、更年期について調べ、あれこれと対策する日々を過ごしているうちに、いつの間にかふと気付けば症状がおさまっていました^^

今現在、ホットフラッシュの症状に悩まされている方は、本当にしんどくてツラい思いをされていると思いますが、対策することで少しでもラクに可能性があるかもしれません。

管理人
ホットフラッシュや多汗のツラさは経験した人にしかわからないですよね。
ですが、対策することで少しでもラクになれる可能性がありますので、ご紹介する対策法をぜひ試してみてくださいね^^

更年期障害の症状-顔や首に大量の汗をかいてしまう原因

今までそんなに汗をかかなかったのに急に汗をかくようになった
顔にやたらと汗をかく
脇汗や首汗が止まらない
頭に汗をかく

そんな症状がみられたら、更年期によって発汗・多汗症を発症している可能性があります。
また、お肌のかゆみや赤みに悩んでいる場合、汗をかくことでかゆみが増したり赤くなったりしてツラいものです。

その原因はその他の更年期障害と同様にホルモンバランスの乱れによるものだといわれています。

更年期になるとエストロゲンやプロゲステロンなどのホルモンが減少するといわれています。
エストロゲンやプロゲステロンは汗を分泌する腺である汗腺をコントロールする働きがあるホルモン。
ですので、その働きが正常でなくなってしまうと、汗をコントロールできなくなり、汗をやたらとかくようになるというわけです。

40代・50代女性をとりまく環境にはストレスがいっぱい。 イライラする場面が多かったり、悩みのタネが多かったり。それらのせいで精神的に不安定になり、汗をかきやすくなることも。

更年期の多汗症・ホットフラッシュの期間は?いつまで?

ホットフラッシュの期間には個人差があり、閉経前後10年間のうち、いつ始まっていつ終わるのかは人によってさまざまなようです。

ちなみに管理人は、症状は急におさまったのか緩やかにおさまったのかわかりません。ホントに『いつの間にか』という感じです。

ホットフラッシュの症状に悩まされた期間は3年ぐらいだったと思います。

いずれにせよ、そんな不快な症状は少しでも解消したいものですよね。

そこで、多汗症・ホットフラッシュの対策・解消法についてご紹介したいと思います。

更年期の汗かき対策・解消法

更年期の肌トラブルと同様に、エストロゲンの減少を加速させてしまう原因は生活習慣にもあります。まずはそれらを見直します。

身体を温める

44eaa6d487fb0084_s

入浴をシャワーだけで済ませるのではなく、できるだけ湯船につかって血行を良くするよう心がけたいものです。ゆっくりと湯船につかってリラックスすることで、ストレスの解消にも。

ストレスを溜め込まない

4e23c283e15e7_s

人間関係はもとより、寒さ・暑さ、肌トラブルで憂鬱な気分になるなど、ストレスの原因はたくさんあり、それらをなくすことは難しいもの。ですのでストレスを溜め込まないためにも上手なストレス解消法を見つけておきたいものです。音楽を聴いたり、散歩をしたり、映画館に行ったり、マッサージを受けたりなど、自分が楽しいと感じることを行いましょう。
自宅で手軽に楽しむならアロマもおすすめです。

リラックスしたい時はラベンダーやサンダルウッド、不安や緊張から開放されたい時にはイランイランなどが定番。
また、セラニウムは更年期の心や身体にアプローチしてくれると言われています。

睡眠をしっかりとる

1284666_960_720

身体や心の疲れをしっかり取るために、質の良い睡眠を心がけましょう。お風呂はできるだけ寝る前に入ったり、ベッドで軽いストレッチを行ったり。枕やマットレスなど寝具にこだわるというのもひとつの方法。
もし、なかなか寝付けない、眠りが浅いなど睡眠障害に悩んでいるなら、快眠サプリを取り入れてみるというのもおすすめです。

睡眠サポートサプリ【爽眠α】

バランスの良い食生活

1672505_960_720

ビタミンやミネラル、たんぱく質など、必要な栄養素をできるだけしっかり食べたいものです。

また、エストロゲンと似た働きをするといわれているイソフラボンを多く含む豆腐や納豆、豆乳などの大豆・大豆食品を積極的に摂るのもおすすめです。

お肌のトラブルに悩まされている場合は、腸環境を整える乳酸菌を積極的に摂ったり、逆に加工食品やインタント食品、保存料を多く含む食品はできるだけ避けたいところ。

併せて読みたい記事 かゆみ、赤みなどの肌トラブル解消のカギは乳酸菌にあった!腸活で美肌へ

ドクターベジフル青汁

医師に相談する

どうしてもツラい場合は我慢せず、病院を受診するというのもひとつの方法です。

ですが、更年期症状は何科を受診したら良いのかというのが素朴な疑問ですよね。

更年期障害の場合、内科をはじめ内科や心療内科の更年期外来を受診するのが一般的。
症状が重くても軽くても、ツラいと感じたらひとりで悩まず、専門医に相談し治療を受けてみてはいかがでしょうか。

今すぐ汗を止めたい!汗を留めるツボはコレ!

基本的に、更年期障害の症状の軽減には身体を温めたほうが良いと言われていますが、外出時に汗をかいてしまうのは汗ジミやメイク崩れが起こるのでイヤなもの。
ひとまず汗を抑えたい場合は首のうしろを冷えピタや保冷剤などで冷やすというのも解消法のひとつ。

また、汗を止めるといわれているツボを押すのもおすすめです。

okuei001

顔の汗を止めたいときは左右の乳首から3~5㎝ほど上にある屋翳(おくえい)というツボを押さえます。人差し指の腹を使ってゆっくりと押さえましょう。

daihou001

脇の下にある大包(だいほう)というツボを親指を使ってゆっくりと押します。

上記の方法は即効性がありますので、とにかくすぐ汗を止めたいという際におすすめの方法です。
ただし、これらはあくまでも『汗をかいたあと』の対処法にすぎません。

身体が汗を上手にコントロールできるようにするためには、ホルモンバランスを整えるということに目を向ける必要があります。
少しでもツラい症状を軽くするために、生活改善を心掛けたいものです。

更年期の汗かき-まとめ

やたらと汗をかいてしまうというのは不快なもの。 さらには、汗をかくということがストレスに繋がり、精神状態を不安定にさせ、さらに汗をかいてしまうという悪循環に繋がりかねません。

忙しい毎日を送り、無理したり、我慢したりしないといけないこともたくさんあると思います。

ですがそんな中でもふと自分の身体や心の声に耳を傾け、ケアしてあげたり、時に甘やかしてあげることも大切だと思います。
イヤなこと、悩んでいること、ストレスになっていることを少しずつでも解消して、人生をより豊かに、そしてより楽しみましょう^^

ホルモンバランスの乱れを整えることで、症状が軽減されることもありますので、サプリを試してみるのもおすすめです♪
ツライと感じたら無理せず、手軽に取り入れられるモノや方法をどんどん利用しましょう^^

更年期のホルモンバランスをサポートする【高麗美人】1日83円でイキイキ笑顔に♪