BBクリームとリキッドファンデーション、崩れにくいのはどっち?そもそもどこがどう違うの?

BBクリームとリキッドファンデーションはどちらもクリームタイプだし、どこがどう違うの?と素朴な疑問をもっている方も多いのではないでしょうか。

また、『どちらがキレイに仕上がるのか』ということも気になるところですよね。

そこで、BBクリームとリキッドファンデーションの違いや、それぞれの良い点、悪い点についてご紹介したいと思います。

「自分にベストなベースはどっちか知りたい!」という方は、ぜひ参考にしていただければと思います^^

BBクリームとリキッドファンデーションの違い

BBクリームの『BB』はBlemish(傷)Balm(軟膏)という意味。
つまりBBクリームはお肌をケアしながらメイクアップできるというアイテムになります。

ですが、現在BBクリームとして販売されているものは、もっともっといろんな機能があります。
美容液、下地、ファンデーションなど、1本でスキンケアとベースメイクが完成するオールインワンアイテムがほとんど。

一方、リキッドファンデーションは、気になる肌悩みの上に色を塗ることで、カバーする・隠すというメイクアイテム。

ただし最近では、BBクリームのように、美容液や下地機能もある『オールインワン美容液ファンデーション』というものもあったりします。

そしてさらに、BBクリームも、ファンデーションのようにカバー力の高いものもあったりします。

つまり…整理すると、
BBクリーム
  ▼

お肌をケアしながら肌悩みをそれなりにカバーする

ファンデーション
  ▼

肌悩みをカバーする

カバー力のあるBBクリーム
  ↓ ほぼ同じ ↑
美容液ファンデーション

リキッドファンデの良い点・残念な点

リキッドファンデーションとひとくちにいっても、いまはメーカーによっていろんな個性があったり、機能も使用感も多種多様だったりします。

そのため、、ここでは一般的な機能や役割を基本にして、ご説明したいと思います^^

\リキッドファンデーションの良い点/

良い点1 カバー力がある

リキッドファンデーションは肌悩みをカバーするためのアイテムなので、カバー力が高いというのが特徴です。

商品によっては薄づきのものから厚づきのものまでいろいろありますが、お肌に近い色を塗ることでカバーするというのが役割です。

良い点2 崩れにくい

リキッドファンデーションは、『いかにお肌に密着させて崩れにくくするか』がポイント。
そのため、崩れにくさは商品の良し悪しを左右する、大きなポイントだったりしますよね。

\リキッドファンデーションの残念な点/

残念な点1 着け心地が重い

リキッドファンデーションは『肌悩みを塗ってカバーすること』が役割のため、着け心地は重め
お肌に塗ってる感がありますよね。

また、リキッドファンデーションを塗る前には基本的に下地を使うため、その分、厚みも出てしまうことが多くなります。

残念な点2 崩れるとムラになる

リキッドファンデーションはしっかりと色づくため、崩れてきたときには元の肌色とのギャップが大きく、どうしても色のムラが目立ちやすくなってしまいます。

そのため、時間の経過や環境によっては、化粧直しが必要になる場合があるんですね。

残念な点3 毛穴落ちが目立ちやすい

リキッドファンデーションは乾きやすく、厚みが出る分、お肌の凹凸が出やすくなります。

そのため、毛穴落ちが目立ちやすくなるほか、シワにも入り込みやすかったりもします。

BBクリームの良い点・残念な点

BBクリームも、リキッドファンデーション同様、商品によって違いがありますが、ここでは一般的な特徴や機能についてご紹介します。

\BBクリームの良い点/

良い点1 着け心地が軽い

ファンデーション成分に加えて美容成分が配合されているため、着け心地が軽いというのがBBクリームの特徴。

乳液やクリーム、美容液をつけるような感覚でつけられるのが、BBクリームのメリットです。

良い点2 時短できる

BBクリームといえば時短メイク。
美容液やUV下地、コントロールカラー、ファンデーションなど、スキンケアからベースメイクまでが1本で済むため、メイクがとてもラクです。

良い点3 崩れてもムラになりにくい

BBクリームは、リキッドファンデーションと比べると色づき感がないため、崩れが目立たず、ムラになりにくいのが特徴です。

また、下地と一体になっているため、色の段差が出にくかったりします。

良い点4 ナチュラルに仕上がる

BBクリームは、カバー力はファンデーションに劣るものの、厚づき感がなく、自然な仕上がり

毛穴落ちや色むらが目立ちにくいというのも、嬉しいポイントです。

\BBクリームの残念な点/

残念な点1 崩れやすい

BBクリームは美容成分・油分が多いため、やや崩れやすいものもあります。

柔らかめのテクスチャなので伸びがよくつけやすかったりはしますが、その分、取れやすかったりもします。

残念な点2 薄づき

BBクリームはファンデーションに比べると薄づき。そのため、マットな陶器肌のような質感には仕上がりにくかったりします。

BBクリームとリキッドファンデーション
崩れにくいのはどっち?

『平均的に』というのを条件にすると、ファンデーションのほうが崩れにくいものが多いといえます。
ですが、崩れやすいファンデーションも、崩れにくいBBクリームもあったりします。

最近では、BBクリームもかなり進化していて、BBクリームの良さとファンデーションの良さを兼ね備えたBBクリームも登場しています^^

BBクリームの着け心地の軽さ・ナチュラル感と、ファンデーションのカバー力・崩れにくさが備わっているというのは、大人のベースメイクとしては最強♪

優秀なBBクリームは、美容成分で肌ケアしながらメイクができるため、乾燥対策にもなります

大人的には、お肌ケアとメイクの仕上がりのどちらも重要!だったりするので、崩れにくくカバー力のあるBBクリームが最強だと思います^^

まとめ

リキッドファンデーションも、BBクリームも、ぞれぞれに良さがありますよね。

管理人
わたし(管理人)も両方使っていて、長時間のお出かけはファンデ、普段はBBという風に使い分けています。
その理由は、『大人肌的には肌ケアも重要!』だと思うから。
なので、BBクリームがやはりメインになります^^

ちなみにお気に入りは、マナラBBリキッドバー
薄づきなのに毛穴カバーがしっかりできて、ツヤ感も出ます♪

いずれにしても、メイクも大事、肌ケアも大事。これは絶対ですよね。

ですので、30代以降の大人女性はもちろんのこと、20代女子の中でも、乾燥が気になる・アンチエイジング対策しておきたい場合は、年齢肌向けのベースメークを選んでおくと安心ですよ^^

おすすめ記事

実際に試した使用感をはじめ、プロの評価や40代50代の口コミ評判などを総合した、【買って良かった】40代50代の優秀BBクリームおすすめランキングをご紹...