ベアミネラルのベアプロリキッドファンデーションの色選びや成分、口コミまとめ

『クルクル・トントン・サッサ』の3ステップでもおなじみのそんなベアミネラルから、2017年に登場したベアプロリキッドファンデーション。

とはいえ、ベアプロリキッドファンデーションは色バリエが多く、どの色を選んだら良いのか迷うところだったりしますよね。

そこで、ベアプロの色選びをはじめ、キレイに仕上げるコツや成分、口コミ評判をご紹介したいと思います^^

パウダーファンデーションで肌ケアしながらメイクしたい場合は、【石鹸で落とせる】ミネラルファンデーションがおすすめです✨

アナタにおすすめ
お肌にやさしいメイクの代表アイテムといえば、ミネラルファンデーション。 「普通のファンデだとお肌へのダメージやトラブルが心配...」 「寝るとき...

ベアプロリキッドファンデーションの
色の種類と色選び

フェア 01
ピンク系の明るい肌色
シャンパン 03
赤味を抑えた明るい肌色
アスペン 04
ピンクオークル系のやや明るい肌色
カシミヤ 06
ピンクオークル系の 肌色
ウォームライト 07
【標準色】黄味と赤味のバランスがとれた標準的な肌色
ゴールデンアイボリー 08
赤味を抑えた肌色
ナチュラル 11
ピンクオークル系の健康的な肌色
サンダルウッド 15
オークル系の健康的な肌色
キャメル 17
赤味を抑えた健康的な肌色
ハニカム 20
赤味を抑えた小麦色

ベアプロリキッドファンデーションのカラーバリエーションは全10色。標準色はウォームライト07になります。

ですが、標準色といっても、ウォームライト07はやや暗め

ですので、カシミヤ06を基本にして、色白の方は01〜04の中から、濃いめの肌色の方は07〜20の中から、それぞれなりたい肌色に合わせて選ぶのがおすすめです^^

目安としては、
色白・赤みが気になるお肌はシャンパン03
色白・くすみが気になるお肌はアスペン04
普通色・くすみが気になるお肌はカシミヤ06
色黒・・赤みが気になるお肌はウォームライト07
色黒・くすみが気になるお肌はゴールデンアイボリー08
といった感じになるのではないかと思います。

ベアプロはけっこう色づくので、ジャストな色を使うほうが自然に仕上がります。
色選びに失敗すると、ミネラルファンデ特有の赤黒い色味に仕上がってしまうことも。

そのため、色選びが不安なら、面倒でもカウンターで試してみてくださいね^^

ベアプロリキッドファンデーション
キレイに仕上がる使い方

ベアプロリキッドファンデーションを手の甲に1.5~2プッシュ出します。

ブラシにとります。

ブラシをすべらせるようにして顔全体に伸ばします。

カバーしたい部分に重ね塗りします。

以上です。

かなりやわらかめのテクスチャなので、手で直接つけるとムラになりやすい&つけるのが難しいため、ブラシは必須だと思います^^

あと。。。
ベアプロだけではUVカット効果的に不安があるので、やはり下地・日焼け止めは必要かな〜と思います。

せっかくベアプロを使うなら、下地も無添加・ナチュラル系のものを選びたいところ。

紫外線吸収剤不使用・無添加処方のアイテムなら、ナチュラルにこだわる方にも、敏感肌の方にも使いやすいのでおすすめです^^

▶︎ そのほかの【無添加】紫外線吸収剤不使用ファンデ・BBクリーム・下地はこちら

ベアプロリキッドファンデーション
口コミ評判

肌の色は普通で、05番でちょうど良いです。思っていたよりもカバー力がありました。自然な感じで仕上がります
マットな仕上がりです。カバー力があり、崩れにくいです。ただ、下地選びは慎重にしたほうがよいです。ドラッグストアのプチプラ系の下地だと乾きやすいのでムラになります。保湿力のある下地との相性が良いと思います
毛穴落ちも崩れも下地次第だと思います。着け心地も軽くてお気に入りです
普通〜やや色白肌なのですが、03シャンパンを使っています。こってり厚塗り感が出ないのにカバー力があり、シミやくすみがしっかりカバーできます。スポンジなどではうまくつかないので、やはり専用ブラシは必要だと思います
少し色が沈むので、普段の色よりワントーン明るめが良いかもしれません。薄づきなので自然に仕上がります。ただし、薄づきだからといってつけるぎると、ムラになるので注意が必要です

ベアミネラルの
ベアプロリキッドファンデーションの特徴

SPF20・PA++
容量:30mL
価格:4,800円(税抜)

成分

ミネラルはもちろんのこと、保湿・美容成分としてパパイヤや植物エキスなどを配合しています。
パパイヤは抗酸化作用や美白効果があると言われているので、お肌の老化の原因となる酸化を防止したり、くすみを防いだりなどなどの効果が期待できそうです^^

ベアプロ全成分水・シクロペンタシロキサン・トリメチルシロキシケイ酸・BG・シリカ・PEG-10ジメチコン・ビスブチルジメチコンポリグリセリル-3・バンブサアルンジナセア茎エキス・グルタミン酸Na・ジステアルジモニウムヘクトライト・セスキイソステアリン酸ソルビタン・水添レシチン・メチコン・パパイン・水酸化Al・ステアリン酸・1,2-ヘキサンジオール・カプリリルグリコール・カルボマー・アルギン酸Na・トコフェロール・デヒドロ酢酸Na・フェノキシエタノール・(+/-)・酸化チタン・酸化鉄

カバー力の処方は?

竹から抽出したなめらかな微粒子パウダーが、毛穴を埋めて、開きを目立たないようにカバー。もちろん、ファンデーション自体の色味でもカバーしてくれます。

崩れ防止の処方は?

ベアプロリキッドファンデーションに、崩れ防止処方として配合されているのは『ミネラルロックTMテクノロジー』。

このミネラルロックTMテクノロジーは、ミネラルを保湿成分でコーティングしたもので、フィット感を高めることで、崩れを防いでキープしてくれます。

ベタつかないのに乾かないというのは、このミネラルロックTMテクノロジーのおかげなんですね^^

UVカット・日焼け防止効果

日焼け防止効果は、SPF20・PA++。数値としてはやや低め
この数値だと、ベランダでの洗濯物干しぐらいにしか対応しないかな〜という感じですよね。
真夏のお出かけはキビしいかな?と思ったりします。

まとめ

ベアプロはカバー力の高さに定評があります。口コミでもカバー力が高いとの意見をたくさん見かけました。

色選びについては、標準色のウォームライト07ではなく、カシミヤ06を基準にして選んでいくのがおすすめです^^

また、下地との相性問題とUVカット効果が低いことについては、保湿力の高い&UVカット効果の高い下地を使えばクリアできそうなので。。。

総合評価としては、大人肌的・敏感肌的に、『優秀ファンデ』といえるのではないかと思います。

ただし、ミネラルだから絶対トラブルが起きないとは限りません。
ミネラル=鉱物がお肌に合わない場合もあります。

そのため、「あれ?なんかおかしいぞ?」と感じたら、すぐに使用を中止してくださいね^^

また、日中のお出かけには、UVカット効果高めの下地をお忘れなく^^

アナタにおすすめ
お肌にやさしいメイクの代表アイテムといえば、ミネラルファンデーション。 「普通のファンデだとお肌へのダメージやトラブルが心配...」 「寝るとき...
日焼け対策は絶対ハズせないスキンケアのひとつ。 シミや乾燥を防ぐためにも、紫外線は絶対に防ぎたいところですよね。 「でも、お肌のことを考えたら、...

https://otonabi.club/archives/8466

ちゃんとスキンケアしているのに、なんだかお肌が乾燥するな〜と感じること、ありますよね。 特に空気が乾燥しているこの季節は、潤い不足のせいで粉がふい...