【プロ直伝】簡単!大人ツヤ肌メイク術|カンタン艶肌の作り方

ツヤ肌メイクは、美肌に見える鉄板メイク。
トレンド感が出るのはもちろんのこと、華やかさや可愛さがアップしたりと、大人的には嬉しい効果がいっぱいです✨

そこで、雑誌やTVで活躍中のプロのヘアメイクさんに教えてもらった、【誰でもカンタンに】ツヤ肌が作れる、メイクのワンポイントテクをご紹介します♪

ホントにカンタンに仕上がるので、ぜひ試してみてくださいね^^

また、簡単ツヤ肌メイクに欠かせない、ツヤ肌系おすすめファンデーションとBBクリームもご紹介します♪♪

これまで「ツヤ肌メイクに挑戦したけど、イマイチうまくいかなかった…」という方も、ツヤ肌系ベースを使えば、カンタンに仕上がりますので、ぜひぜひ試してみてくださいね。

ツヤ肌メイクは2タイプ♪

ツヤ肌メイクには、大きく分けて2タイプあります。

ひとつはお肌のハリで光が反射して見えるような、ナチュラルなツヤ肌メイク

素肌がツヤっと光っているような、キレイ肌すっぴん風の仕上がりが魅力の、この質感を作るのには、ツヤ肌系のBBクリームが向いています。

一方、もうひとつはお肌が発光しているような、ツヤ肌メイク。

しっかりとしたメイク感があり、ゴージャスでリュクスな仕上がりが魅力の、この質感を作るのには、ツヤ肌系のリキッドファンデーションが向いています。

どちらも、それぞれに魅力がありますので、ナチュラルに仕上げるか、ゴージャスに仕上げるかは、お好み次第です^^

おすすめなのは、どちらか1つだけにこだわるのではなく、気分やシーンに合わせた使い分け。

お昼のシーンはナチュラルなツヤ肌、夜のお出かけはゴージャスなツヤ肌に♪
そんな風に、出かける場所や時間、相手に合わせて使い分けすると、TPOに合った魅力的なツヤ肌を楽しむことができます^^

ナチュラルツヤ肌メイクなら
艶系BBクリーム

BBクリーム仕上げのデメリット

BBクリームはナチュラルに仕上がる分、薄づき。ですので、メイク感が欲しい場合や、ばっちりカバーしたい場合は、ちょっと物足りないかもしれません。

とはいえ、カバー力のあるBBクリームを選べば、ファンデほどではないものの、目立たないぐらいには仕上がります。

ガッツリとしたメイク感は出ないものの、光の反射やカラーコントロールで、くすみやシミ、毛穴をカバーしつつ、ナチュラルに仕上がるというのが、BBクリームの良いところです。

BBクリーム仕上げのメリット

BBクリーム&ハイライトで仕上げた場合の、一番のメリットはナチュラル感です。

ツヤ肌系のBBクリームだけで仕上げれば、ナチュラルなすっぴん風ツヤ肌になります。
また、パール系のハイライトをのせると、よりツヤ感がアップ♪

とにかく!
ナチュラルなツヤ肌に仕上げたい場合は、ツヤが出るタイプのBBクリームがおすすめです^^

\おすすめ記事/
40代50代向けBBクリームおすすめランキング

しっかりカバーツヤ肌メイクなら
リキッドファンデーション

ファンデ仕上げのデメリット

リキッドファンデ仕上げのデメリットは、BBと比べるとどうしても厚塗り感が出てしまうところ。いわゆる『メイクしました』系の質感ですね。

ですので、ナチュラルなツヤ肌に仕上げたい場合は、BBクリームのほうが向いています。

ファンデ仕上げのメリット

リキッドファンデーション仕上げの一番のメリットは、なんといってもカバー力♪ 毛穴やシミなどをしっかりカバーして、『お出かけ肌』に仕上がるのが魅力です。

BB仕上げはカジュアルなら、ファンデ仕上げはフォーマル。
ファンデ仕上げのツヤ肌は、お出かけ感・きちんと感がありつつ、セクシーさやゴージャス感がある、大人の質感です^^

\おすすめ記事/
美容液ファンデーションおすすめ3選

ツヤ肌メイクの作り方ワンポイント

ツヤ肌仕上げのBBクリーム・リキッドファンデーションに加えて、さらにツヤ感を出すためのワンポイントをご紹介します♪
カンタンにツヤ肌が作れますので、ぜひ試してみてくださいね^^

スキンケアでハリ感をアップ♪

メイクの土台になるお肌のハリをアップさせれば、さらにツヤ感もアップ♪
スキンケアを入念にするだけで、メイクの仕上がりはかなり変わります♪

そのため、メイク前のスキンケアは入念におこない、毛穴をふっくらさせましょう^^

ローションはたっぷり使います。お肌が潤うと、ハリがアップすると同時に、皮脂の分泌を抑えて崩れ防止になります。

乾燥が気になる部分は重ね付けするなど、お肌をしっかりたっぷり保湿してくださいね^^

そして、メイクを始めるタイミングは、ローションやクリーム、オールインワンなどがしっかり乾いてから。
お肌がベタベタした状態のままメイクを始めてしまうと、メイクがしっかりフィットしなかったり、ヨレや崩れの原因になったりしていまいます。

そのため、基礎化粧品がしっかり乾いてから、下地やBBなどのメイクアイテムを使ってくださいね^^

トントン塗りでお肌を均一に♪

お肌全体にBBクリームorファンデーションを伸ばしたあと、ほおの部分のみ、トントンとパッティングします。

パッティングすることで開いた毛穴が埋まり、お肌がツルンと均一になります。すると、ハリ感がアップししてツヤ玉ができやすくなります♪

そして、崩れ防止したい場合は、ベースをつけたあとパウダーを軽くはたきます。パウダーを使うとツヤ感はダウンしますが、皮脂崩れの防止力はアップします。

ベタつかないタイプのファンデーションやBBクリームなら、パウダーなしでもOKです^^

パール系ハイライトでツヤ感アップ

頬の高い位置と鼻筋、アゴに、パール系のハイライトをのせます。
この時に気をつけたいのが、パウダーの量

最初からたっぷり使うと、つけすぎた場合に取り返しがつかなくなったり、不自然に仕上がってしまいます。

そのため、仕上がりをみながら少しづつ重ねてくださいね^^

また、最近ではフェイスグロスを使って、濡れたようなツヤ感を出すという方法もありますが、グロスはメイクが崩れやすくなるので、あまりおすすめできません。。。

短時間なら問題ないかもしれませんが、長時間のお出かけには向かないかもです。

ですので、崩れを防いでツヤ肌をキープしたい場合は、パウダータイプのハイライトがおすすめです^^

まとめ

ツヤ肌メイクは、一瞬で可愛さアップ&美肌に見える、大人におすすめのメイク♪

マットな陶器肌もキレイだったりはしますが、お肌に自信がないと、なかなかキレイに仕上がらないですよね。

その点、ツヤ肌メイクはお肌をキレイに見せてくれるので、誰でも取り入れやすいというのが魅力。

大人ツヤ肌メイクでかわいさアップ&若見えしたい方は、ぜひ試してみてくださいね^^

\おすすめ記事/
40代50代向けBBクリームおすすめランキング