40代50代におすすめのチークと色の選び方&入れ方で若見え!劇的に変わる-10歳メイク

40代50代の大人女性のチークの選び方と、おすすめのチーク、カンタンに若見えに仕上がるチークの入れ方をご紹介します♪

血色感のある若々しいお肌に仕上げたい方は、ぜひ参考にしていただければと思います^^


40代50代になれば、気になる&メイクで隠したいお悩みは誰にでもあるもの。シワや毛穴、たるみなど、お肌にできる影が気になり始めるお年ごろ。

シワ・たるみなどの影
毛穴などのデコボコ
赤みなどの色ムラ
シミやくすみなどの色沈み

そんな肌悩みを目立たなくして若見えするために、上手に使いたいのがチークです。

管理人
くすみや影が気になるお肌を、明るく健康的に見せてくれるチークは、40代50代の大人メイクには欠かせないアイテムです♪

とはいえ、選び方・使い方を間違えると、逆に老け見えになってしまう、難しいメイクアイテムでもあります。

そのため、正しく選んで上手に使って、若見えメイクを完成させてくださいね^^

40代50代的チークのタイプと色の選び方

クリームタイプのチークで粉浮きを防ぐ!

パウダリーは重ねれば重ねるほど、粉っぽくなり、ちりめんジワができたり、毛穴が目立ったりしてしまいます。

そのため、40代50代の肌悩みをカバーするチークを選ぶなら、パウダータイプではなく、クリームタイプがおすすめです^^

管理人
クリームタイプのチークは、肌馴染みが良く、粉浮きもしないので、お肌のハリツヤ感アップにも◎

赤系で40代50代の大人肌に血色感をプラス

チークの色は、できるだけ赤に近い色がおすすめです。

チークはそもそも、お肌を血色良く見せるのが目的。
自然に高揚したような『血色』が、ナチュラルで若々しいお肌に見せてくれます。

そのため、色を選ぶ際は、赤に近い色や、赤に少しベージュを混ぜたような、コーラル系のチークを選んでくださいね^^

青みがかったピンクを避ける

青みがかったピンクや、ボルドーのような黒っぽい赤〜ピンクは、顔色が悪く見え、くすんだ印象になってしまいますので、40代50代の大人的にはNG。

また、不自然な仕上がりは老け見えに繋がりますので、フューシャピンク、チェリーピンク、ダークピンクなどは、避けたいところです。

40代50代におすすめの【若見え】チークの入れ方


管理人
左が老け見えチーク、右が若見えチークです。
同じベースメイクでも、チークを変えるだけで、かなり違って見えますよね。

若見えチークでポイントとなるのが、ナチュラル感。
頰がポッと高揚して見えるような、血色感メイクです。

一方、避けたいのが、メイクしてます感。
不自然な厚塗り感が出てしまうと、老け見えしてしまいます。

そのため、ナチュラルで自然な仕上がりを意識して、メイクしてくださいね^^

40代50代的若見えチークを入れる位置

まず、老け見えメイクと若見えメイクでは、チークの位置が違います

ひと昔前は、チークは頬の高い位置からこめかみに向かって、斜めに入れるというのが主流でしたよね。

ですが、若見えメイクでは、チークは頬の真ん中あたりにつけます。

まずは上記画像の赤丸の位置にクリームチークをのせます。

そして、赤枠の範囲に、少しずつチークをぼかすようなイメージで広げていきます。

チークをぼかす際は、トントンとやさしくパッティングするように、広げていくのがポイント。

指を横にすべらせると、ファンデーションがムラになったり、ヨレたりしてしまいますので、ポンポンと指1〜2本で軽くたたくようにつけていきます。

管理人
あとでハイライトでツヤ感を出す場合は、チークは少しだけ濃いめにつけてくださいね^^

ポイント
チークは頬の真ん中あたりに入れる
トントン塗りする

仕上げにハイライトでツヤ感をプラス♪

チークを入れたら、仕上げにハイライトでツヤ感をプラスします。
艶玉をつくるようなイメージで、最初にチークを乗せた位置にのせ、チークと同様にぼかすように広げていきます。

ハイライトの入れ方は、こちら↓の記事でご紹介していますので、よろしければ参考にしてくださいね^^
【失敗しない】ハイライトの入れ方【大人ツヤ肌メイク】

チークはいつ入れる?ファンデの前?あと?

<パウダリーファンデーション>
パウダリーファンデーションを使用している場合は、チークはファンデーションを塗ったあとに入れます。

<リキッド・クリーム>
リキッドファンデーション・クリームファンデーションの場合は、チークはリッキドファンデーションのあとに入れます。
仕上げにルースパウダーを使う場合は、チークのあとにルースパウダーを使います。

<BBクリーム>
BBクリームの場合はBBクリームのあとにチークを入れます。
仕上げにルースパウダーを使う場合は、チークのあとにルースパウダーを使います。

ベースメイクの中でも、BBクリームや美容液ファンデは保湿力があり、テクスチャがやわらかいため、クリームチークとの相性がバツグンです。

そのため、よりナチュラルな血色感メイクに仕上げたい場合は、ファンデーションよりBBクリーム・美容液ファンデがおすすめです^^

\若見えメイクに一推し/

実際に試した使用感をはじめ、プロの評価や40代50代の口コミ評判などを総合した、【買って良かった】40代50代の優秀BBクリームおすすめランキングをご紹...

ベースを整えてチークのノリ&発色をアップ!

チークだけに限らず、メイクのノリや発色を左右するのが、メイク前のお肌の保湿。

というより、メイクをキレイに仕上げる&若見えのために、もっとも力を入れたいのがスキンケアです。

管理人
お肌が潤うと、毛穴がふっくらし、メイクのりがアップしたり、崩れを防げたりと、メイクの仕上がりが格段に良くなります✨

また、しっかり保湿すれば、乾燥小じわや毛穴たるみを防いだりと、お肌自体も良くなって、内側から発光するようなツヤ感がアップ♪

お肌自体のハリ感がアップすれば、自然にツヤ玉もできます^^

逆に、乾燥は、あらゆる肌トラブルの元になるので、お肌の大敵です。

スキンケアは裏切らない!!!ので、チークやファンデのノリ&ツヤ感アップ&若見えのために、まずはすべての基本となるお肌をしっかり保湿しましょう^^

アナタにおすすめ
ちゃんとスキンケアしているのに、なんだかお肌が乾燥するな〜と感じること、ありますよね。 特に空気が乾燥しているこの季節は、潤い不足のせいで粉がふい...
送料無料のスキンケア基礎化粧品トライアルセット・お試しセットの中から、ハリ、ツヤ、くすみ、たるみ、しわ、毛穴など、年齢肌の肌悩みケアにおすすめの40代5...

まとめ

チークは、若々しいお肌に仕上げたい時に、大活躍してくれるメイクアイテム。

クリームタイプを選ぶ
顔の中心に近い位置につける
ハイライトで仕上げる
しっかり保湿でハリ感アップ
管理人
この4ポイントで、カンタンに、大人可愛いチークが完成します♪
チークを効果的に使って、若見えメイクを楽しんでくださいね^^
あわせて読みたいおすすめ記事
アテニア・ラスターフィニッシュファンデーションを実際に使ったレポート【ビフォーアフター画像アリ】とネットの口コミをご紹介します✨ ア...
紫外線吸収剤不使用でお肌に優しい無添加処方のBBクリーム、マナラBBリキッドバー。 とはいえ、いくらお肌に優しいからといって、保湿力を始め、シミや毛穴...
ちゃんとスキンケアしているのに、なんだかお肌が乾燥するな〜と感じること、ありますよね。 特に空気が乾燥しているこの季節は、潤い不足のせいで粉がふい...
送料無料のスキンケア基礎化粧品トライアルセット・お試しセットの中から、ハリ、ツヤ、くすみ、たるみ、しわ、毛穴など、年齢肌の肌悩みケアにおすすめの40代5...