【コントロールカラーの色の選び方と使い方】色補正で赤ら顔もくすみもカバー♪

シミやくすみ、赤みなどが原因で、お肌に色ムラができてしまう…
とはいえ、ファンデーションで隠そうとすると、厚塗りになって、崩れやすくなったり、老け見えしてしまったり。

そんな悩みを解消してくれるのが、コントロールカラー。
お肌の色が均一になると、ツルンとした美肌に見えますし、チークやアイシャドウも思い通りの発色に♪

そこで、お肌の色悩み別に、コントロールカラーの選び方をご紹介します。
色ムラをカバーして、厚塗り感のない美肌に仕上げたい方は、ぜひ参考にしてくださいね^^

春のお肌の乾燥対策におすすめ
ちゃんとスキンケアしているのに、なんだかお肌が乾燥するな〜と感じること、ありますよね。 特に空気が乾燥しているこの季節は、潤い不足のせいで粉がふい...

化粧下地・コントロールカラーの
肌悩み別 色の選び方

色は反対色(補色)を混ぜると、色味が消えるという性質を持っています。

上記の図(色相関)の中で、それぞれの色の180度の位置にある色が、反対色(補色)になります。

赤の反対色は緑、黄色の反対色は紫という具合ですね。
そして、反対色の色味を消すという性質を利用して、お肌の色悩みをカバーしてくれるのが、コントロールカラー。

コントロールカラーの中には、同系色を使ってカバーするというものも中にはありますが、
基本的には、肌悩みの反対色(補色)を塗ることで、色味を消してくれるんですね。

ファンデーションでも色カバーできる?

ファンデーションでも色味をカバーすることは可能です。

ただ、ファンデーションで色味をカバーしようとすると、厚塗りになってしまいますよね。

コンシーラーも同様で、どうしても厚ぼったく見えてしまいます。

ですが、コントロールカラーを使えば、反対色(補色)で色味を消すという性質を利用して、薄づきで色補正ができます。

ベースメイクは厚く塗れば塗るほど、崩れやすく、またシワなどが目立ってしまいます。

そのため、色悩みはコントロールカラーを使ってカバーするのが、崩れを防止ししつつ、キレイに仕上げるコツというわけです♪

赤みを消すコントロールカラー グリーン

お肌の赤みをカバーしてくれるのが、緑のコントロールカラー

赤ら顔やニキビ跡なども、緑のコントロールカラーを使えば、赤みを目立たなくすることができます。

黄色くすみを消すコントロールカラー ブルー

黄色のくすみをカバーしてくれるのが、青のコントロールカラー

ただし、つけすぎると顔色が悪く見えてしまうことがありますので、使う場合は量や範囲に気をつけながら、使ってくださいね^^

透明感を出すコントロールカラー パープル

紫のコントロールカラーは、お肌に透明感を演出したい時におすすめです。

他の色悩みをカバーしつつ、お顔全体に透明感を出したい場合は、色悩みの色味に合わせたコントロールカラーを部分使いしたあとに、紫のコントロールカラーをつけてくださいね^^

血色感をアップするコントロールカラー ピンク

お肌の血色感、いわゆる顔色を良くしたい場合は、ピンクのコントロールカラーがおすすめです。

ただし、部分的に赤みがある場合は、ピンクを使うと赤みが目立ってしまうことも。
そのため、まずは緑で赤みをカバーしてから、ピンクのコントロールカラーで、血色感アップしてくださいね^^

黒クマ・青クマ・影色を消すコントロールカラー イエロー

黒や青っぽいクマや影をカバーしてくれるのが、黄色のコントロールカラー

パール系の下地で色味を飛ばすという方法もありますが、白っぽい色をつけすぎると、浮いてしまう場合があります。

そのため、黄色でカバーしつつ、パール系を少量使って、さらにカバー力アップするようなイメージで使うと、失敗が少ないのでおすすめです^^

シミ・そばかす・茶くすみを消すコントロールカラー イエロー

シミ・そばかす・茶くすみなど、茶色系の色味をカバーしてくれるのが、黄色のコントロールカラー

濃い色味の場合は、黄色のコントロールカラーではしっかりとカバーすることが難しいので、部分使いでコンシーラーを使うというのもひとつの方法。

ただし、コンシーラーは厚づきしやすいので、つける量に注意しながら使ってくださいね^^

コントロールカラーを使う順番

パウダリーファンデーションを使用する場合は、
下地

コントロールカラー

ファンデーション
という順番で使うと、キレイに仕上がります。

また、リキッドファンデーションの場合も、パウダリーと同じ順番が基本なのですが、白やパール系のコントロールカラーをハイライトとして使う場合は、ファンデーションのあとに、重ね付けします。

また、ファンデーションのあとにコントロールカラーを使う場合は、最後に仕上げパウダーを使うと、肌に馴染みやすいのでおすすめです^^

コントロールカラーをキレイにつけるコツ

コントロールカラーをつける時は、指を横にすべらせて『塗る』のではなく、トントンとパッティングするように『たたいて乗せる』のが、キレイにつけるコツ。

横に滑らせて塗ると、ファンデーションの色と混じって、色補正効果が下がったり、ヨレや崩れに繋がったりしてしまいます。

そのため、トントンと『色を乗せる・色を足す』ようなイメージで、パッティングしながらお肌に馴染ませると、キレイいにつける・色をキープすることができます^^

コントロールカラーを混ぜるのはアリ?

コントロールカラーを混ぜると、色が変わってしまうので、混ぜ合わせ使いはNG。
せっかくの色消し効果がなくなってしまいます。

ですが、色悩みに合わせて、複数のコントロールカラーを組み合わせて使うのはアリです。

赤みをカバー部分には緑色、茶くすみをカバーしたい部分には黄色という感じで、色悩みに合わせて部分使いしてくださいね^^

CCクリームの色補正機能で
色悩みをサっとカバー

CCクリームのCCは、Color Correcting(色の補修)、Color Control(色のコントロール)という意味。
つまり、色味を補正してくれるという機能があります。

また、1本で美容液や下地、UVカット、コントロールカラーなど、複数の役割を兼ね備えているので、厚ぼったくならずに補正することができます

そのため、CCクリームを下地&コントロールカラーとして使うというのもおすすめです^^

中でも、美容成分が配合されている年齢肌向けのCCクリームを選べば、スキンケアできたり、乾燥によるメイク崩れも防げます

ですので、「色々そろえるのがめんどくさい〜!」という方は、かなり便利に使えると思います♪

人気☆CCクリームおすすめブランドまとめ

まとめ

肌悩みは、ファンデーションの厚塗りでカバーするのではなく、コントロールカラーでカバーしてナチュラルに仕上げる時代です♪

色悩みに合わせたコントロールカラーでカバーするもよし、CCクリームで時短でカバーするもよし、好みに合わせて選べばOK♪

色を操って肌悩みをカバーして、フラットで色ムラのない、美肌メイクを完成させてくださいね^^

春のお肌の乾燥対策におすすめ
ちゃんとスキンケアしているのに、なんだかお肌が乾燥するな〜と感じること、ありますよね。 特に空気が乾燥しているこの季節は、潤い不足のせいで粉がふい...
アナタにおすすめの記事
CCクリームは大人女性に人気のベースメイクアイテム。 とはいえ、メーカー・ブランドによって違いがあるので、何を選んでいいか迷われている方も多いので...
ファンデーションをつけると、毛穴が目立ったり、崩れたときに残念な感じになったり、 時間が経つとお肌がくすんで見えたり。 それってファンデーション...
色むらは目立つもの。 で、隠そうとしてファンデーションで厚塗りすると、さらに老け顔になってしまいうんですよね。。。 たしかに、肌悩み自体...

素肌つるつるセット