カンタンなのに超変わる!40代50代の毛穴カバーメイク|プロの技で徹底的にカバー

40代50代になると、鏡を見て気になるのが毛穴。
メイクすると余計に目立ってしまったりしまう…なんてこともあったり。

キレイになるためのメイクなのに、逆に悩みが浮き出てしまって悲しいですよね。。。

ですが、使うベースアイテムとメイクの方法次第で、目立つ毛穴の凸凹が、かなりカバーできます♪

そこで、プロのヘアメイク直伝のたるみ毛穴カバーするメイク術と、ベースメイクの選び方をご紹介します。

メイクで毛穴が目立って悩んでいる方、毛穴落ちしやすい方は、ぜひ参考にしていただければと思います^^

40代50代の毛穴カバーメイク術

毛穴カバーメイクSTEP1-肌づくり

毛穴はもちろんのこと、メイク崩れも、テカりも、ノリの悪さも、そのすべての元凶は乾燥
そのため、メイク前のスキンケアはしっかり!が鉄則です。

しっかりとお肌が潤えば、お肌がふっくらして毛穴が目立たなくなります。
また、メイクのりもグっとアップするので、メイク前はしっかりと基礎化粧品でスキンケアしましょう。

ただし、ベタつきが残る基礎化粧品は、ベースメイクのヨレやムラの原因になるのでNG。
そのため、ベタつくタイプのモノは夜用にして、メイク前はベタつかないモノを使ってくださいね^

毛穴カバーメイクSTEP2-ベース

毛穴カバーメイクのベースは、オールインワンタイプの美容液ファンデーション(リキッド)か美容成分がしっかり配合されたBBクリームがおすすめです。

美容成分が毛穴を埋めてくれますし、保湿できるので崩れにくく、ヨレやムラも出にくいため、毛穴カバーメイクにはぴったり♪

オールインワンタイプなら、1つでベースメイクが済むので、厚塗りにならず、毛穴落ちも防げます^^

塗り方のコツ
毛穴の気になる部分を除き、全体に美容液ファンデまたはBBクリームを薄く伸ばします。
  
毛穴の気になる部分に毛穴を埋めるイメージで、ポンポンとパッティングするようにつけます。
  
シミやくすみなどが気になる部分に、ポンポンとパッティングするように重ね塗りします。

以上です。
とってもカンタンですが、これだけでかなり毛穴がカバーできるので、ぜひ試してみてくださいね^^

毛穴カバーメイクSTEP3-仕上げ

崩れをしっかり防ぎたい場合や、テカりやベタつきが気になる場合は、仕上げにパウダー(お粉)を使います。
粉っぽくならないように、少量を顔全体にパフではたけばOK♪

ベタつきが気になるけどパウダーを使いたくない…という場合は、ファンデorBBを塗ったあと、顔全体を軽くティッシュで押さえるという方法も。
手軽に余計な油分・水分をオフできるのでおすすめです^^

ハリツヤ感を出したい場合

ハリツヤ感を出したい場合は、チークをつけたあとに、頰とこめかみ、鼻筋にパール系のハイライトをつけます。

光の反射で毛穴も目立たなくなり、お肌のハリツヤ感がアップするので、毛穴だけではなくたるみが気になる場合にもおすすめです^^

40代50代におすすめの【ハズさない】
毛穴カバー系ベースメイクアイテム

保湿力の高いBBクリーム

大人肌向けの美容成分がしっかり配合されたBBクリームは、毛穴カバーメイクにおすすめです^^
毛穴をふっくらさせつつ、崩れによる毛穴落ちも防げるので、メイクをすると毛穴が目立つとお悩みの方は、ぜひ試してみてくださいね^^

\おすすめ記事/
40代50代の大人肌向けBBクリームおすすめランキング

美容液ファンデーション

オールインワンタイプの美容液ファンデーションなら、下地やファンデなどを重ね塗りしないので、毛穴落ち防止に効果的です。
また、毛穴カバーに加えて、日中も保湿成分で毛穴ケアしてくれるので、隠す&ケアが一気にできて、一石二鳥です♪

\おすすめ記事/
美容液ファンデーションおすすめ3選【神ファンデ】

まとめ

メイクをすると毛穴が目立つというのは、「いったいどうしたらいいの?」という気持ちになりますよね。

ですが、毛穴カバーメイクと、毛穴カバーが得意なベースメイクを選べば、メイクでしっかりと毛穴を隠すことができます♪

毛穴がカバーできると、お肌の見た目がかなり変わります

ですので、デコボコ毛穴に悩まされている方は、ぜひ試してみてくださいね^^