【寒い〜暖かい】で鼻水が出る!温度が変わると鼻水が出る原因と止める方法

寒い〜暖かいで鼻水が出る原因と解消法

寒いところから暖かいところ、そして逆に暖かいところから寒いところに移動すると、鼻水がス〜

毎年のように、この【寒い〜暖かい】で鼻水が出る件が、何気にわたし(管理人)の冬の悩みだったりします。

特に、かなり寒い場合は、鼻水が出ているのにも気づかないというか、感じにくかったり。

鼻水が出ているというのも気まずいし、拭くのも恥ずかしいしで、困りますよね。

風邪でもないし、花粉症でもなさそうだし、ナゾだな〜と思われている方も多いのではないでしょうか。

そこで、そんなナゾの症状【寒い〜暖かい】で鼻水が出る原因と、鼻水を止める方法をご紹介したいと思います^^

【寒い〜暖かい】で鼻水が出る原因

鼻水が出ると、「風邪かな?」と思ってしまうものですが、じつはその原因は風邪だけではありません。

風邪の症状がほかにも出ている場合はともかく、明らかに風邪じゃなさそうという場合ってありますよね。

そんな場合は、寒暖差アレルギーの可能性大かもです。

寒暖差アレルギー

寒暖差アレルギー(血管運動性鼻炎)は、急な温度差によって、鼻の粘膜の自律神経の働きに異常が起こることで、鼻水や鼻づまり、くしゃみなどの症状があらわれると考えられています。

たとえば、暖かい室内から寒い外に出た際、またその逆の場合に、鼻水や鼻づまり、くしゃみなどが起こるというわけです。

冬の寒い時期に暖房の効いた部屋にいて、寒い外に出た途端、鼻水がツツ〜っていうあれは、鼻の粘膜が刺激を受けていることが原因なんですね。

参考文献:http://www2.tokushima.med.or.jp/

【寒い〜暖かい】で鼻水が出るのを止める解消法

マスクなどで温度差を軽減する

寒暖差アレルギーは、急な温度変化によって起こりますので、対策としては、まず急激な温度変化を避けることが先決。

たとえば、暖かい部屋の中から屋外に出る際、また気温の低い屋外から暖かい室内に入る際は、しばらくの間、マスクを着用するのがおすすめです。

マスクがない場合は、マフラーで鼻をカバーしたり、しばらく手で鼻をおおうなど、急激に温度が変わるのを防ぎましょう^^

基礎代謝をアップする

運動不足は体力や抵抗力を低下させてしまいます。

そのため、抵抗力を上げるために、基礎代謝をアップさせるのもおすすめです。

運動不足ぎみかも?と思われる場合は、運動を心がけましょう。

激しい運動ではなくても、ウォーキングやラジオ体操など、軽い運動でも毎日続けることで、基礎代謝アップが可能です^^

また、同じ姿勢を長時間続けていることが多いようなら、1時間に1回は手足や腰を伸ばすなど、ストレッチをおこなってくださいね^^

しっかり睡眠をとる

睡眠不足は体力を低下させるのはもちろんのこと、ストレスが溜まったり、目の下にクマができたり、お肌のツヤがなくなったりと、健康にも美容にもデメリットだらけ。

そのため、しっかりと質の良い睡眠をとることは、寒暖差アレルギー対策にもおすすめです。

睡眠時間をできるだけ確保するというのはもちろんのこと、湯船につかったり、気分が落ち着くような音楽を聴いたりなどなど、心地よく眠りにつけるように、身体と頭をリラックスさせてあげてくださいね^^

まとめ

長年悩んでいた冬の鼻水も、ちょっとしたことで解消できるかもです。

また、それをきっかけに、健康的に過ごすことを意識すれば、身体がラクになり、快適な毎日を過ごせるようになったり。

まずは続けることが大切ですので、無理せずできる範囲で、『カラダに良さげなこと』を、取り入れてみてくださいね^^